階段の上り下りが面倒に感じることもある

肉体的衰えによる移動の負担増

メゾネットタイプは、時代の移り変わりの中で注目を集めている賃貸物件の一つです。メゾネットとは、1住居が2層以上の構造になっている物件になります。フロアーで生活空間を分断できるのがメリットの反面、階段を利用した移動の負担が掛かりやすいのがデメリットです。数十年の長期で利用する場合、肉体的な衰えで移動が困難になるケースもあります。賃貸物件は分譲住宅のように、契約者の自己判断で内装を変えることはできません。負担を軽減するために段差を緩やかにする、手すりを備え付けるといったリフォームも、不動産会社の許可を得る必要がります。利用者の都合による賃貸のリフォームは大半が却下されてしまうので、内見時に安全性を確認しておかなくてはいけません。

快適な生活を送るコツ

賃貸物件は内装のリフォームができないため、加齢や出産など長年の利用で生活が変化してもそのままの状態で利用しなくてはいけません。メゾネットの賃貸物件で安全快適に生活をするには、フロアーの移動を最小限に抑えるのがコツです。主な例として、キッチンや浴室などの生活に必要な設備が揃っているフロアーを生活の拠点にする方法があります。メゾネットタイプの物件は、フロアーごとにインターネットの回線速度が変わりやすい点もデメリットの一つです。使用する度にパソコンや携帯電話を持ってフロアーを移動していればストレスが溜まります。内見時にネット回線の接続について確認しておくことも、メゾネット物件で快適な生活を送る大事なポイントです。